RESEARCH

これまで翻訳されていないと考えられてきたRNAを解析し、見過ごされてきた多くのタンパク質を同定します。
これにより、これまでうまく説明できなかった生命現象に関する分子機構が明らかになると期待されます。

研究内容の図

PROJECT 1

小さなタンパク質

メッセンジャーRNAにある一番長いOpen reading frame (ORF) であるCoding sequence (CDS)のみがタンパク質として翻訳されると長らく考えられてきました。しかし、無数に存在する小さなORF (unannotated ORF: uaORF) も実は翻訳され小さなタンパク質を生み出している可能性が示唆されています。私たちは分子生物学、生化学的手法を駆使して、このような小さなタンパク質の同定と役割の解明を目指しています。

PROJECT 2

新しいタンパク質と進化

CDSは種間で高度に保存されており、生命現象の普遍性に関与する分子が多くコードされています。一方で、CDS以外の領域は相対的に種間およびヒト間の保存度合いが低いことがわかっています。私たちは機能性RNAや非CDS領域に多く存在するuaORFが種の個性やヒト間の個人差を生み出しているのではないかと仮説を立てています。非ヒト霊長類iPS細胞を用いてこの仮説を検証し、種の個性に関する新たな発見を目指します。

PROJECT 3

機能性RNAと選択的な分解

ヒト多能性幹細胞は特定の種類の内在性レトロウイルスを含む様々な機能性RNA発現しています。私たちはこれらがどのように制御され、分化多能性に関わっているかについて興味を持っています。選択的なRNAの分解機構を中心にこの課題に取り組みます。